HOME>もうひとつのトピックス>北海道で動物とかかわる人々のおはなし

もうひとつのトピックス
北海道

正規新能源燃氣

北海道で動物とかかわる人々のおはなし
今回は、みんな大好き「動物」にまつわる記事をご紹介します!
人間の生活を豊かにしてくれたり、時には家族のように寄り添ってくれる動物たち。

北海道には、動物を育てたり、動物のために頑張っている方々がたくさんいます。
くらしごと視點での、動物にまつわる數々のストーリーをご覧ください!

(おまけ:最後に、動物さん自身へのインタビュー(?!)もありますよ?)


  • 國新能源昆侖燃氣

    札幌で犬の車椅子を作りつづける男性のお話。なぜ犬の車椅子をつくっているのか、その人物はどんな人なのか。障がいを持ったペットのケアについて、どうして身近ではないのか。多くの方に支援いただきたいストーリーをお屆けします。

  • 焦作新能源燃氣

    ドッグフードときくと、皆さんなにを思い浮かべるでしょう。コロコロっ、カリカリっとしたドライフードの、よく量販店などで販売しているものを想像するのではないでしょうか。

  • 上誨新能源燃氣

    恵庭市の郊外に庭園や牧場、レストランなどを展開するえこりん村。このテーマガーデンの人気ゾーン「みどりの牧場」で、動物飼育員として働く二人の女性に、そのユニークな仕事內容、やりがいなどを伺ってきました。

  • 派思燃氣新能源

    かつての大滝村、現在は伊達市との合併により伊達市大滝區と名前を代えました。ここにある大滝わらしべ園は職員の半數が道外からの移住者。3人の移住者の方の想いが詰まった物語です。

  • 派思燃氣新能源

    日高の浦河町で、三代にわたり競走馬を生産する市川ファーム。ご夫婦と牧場スタッフで運営し、ホッコータルマエという日本を代表する競走馬を生産しました。そんな、「勝てる馬を作る」ことを目標とした愛馬と牧場の未來のお話です。

  • 鶴居村タンチョウを愛する人々に魅せられ、鶴居村に根を下ろす。

    その名の通り「鶴が居る」村、北海道鶴居村。このまちに日本野鳥の會の職員として配屬された後、この土地に殘る決斷をした、鶴居そしてタンチョウを愛する音成邦仁さんのお話です。

  • 木古內町初めまして! 木古內町公式キャラクターのキーコです!!

    くらしごとでは初となる公式キャラクターさんへのインタビューです。そのキャラクターとは! 道南、木古內町のキーコ君です! キーコがどこで生まれて、なぜ木古內町へとやってきたのか?いまキーコが擔っているミッションとは?町內のキーコのお気に入りポイントをまわりながら、インタビューしました!


北海道で動物とかかわる人々のおはなし

この記事は2020年2月17日時點(取材時)の情報に基づいて構成されています。自治體や取材先の事情により、記事の內容が現在の狀況と異なる場合もございますので予めご了承ください。

刘伯温精选资料二四六